ブログ

2017年5月11日 木曜日

歯の詰め物で見栄えを重視する方は、大阪府高石市にある当院へ

小さめの虫歯を治療すると、削り取った部分を埋めるため、「詰め物」を歯に埋める必要があります。この治療は一般にインレー修復と言われ、削り取った歯を保護するために必要な治療です。インレー修復をされた事が無い方は、「なんでも良い」とあまり深く考える事がないかもしれません。しかし実際には、見た目や歯の強度など、さまざまな点で素材はしっかり選ぶべきなのです。

 

例えば保険適応のものでは銀合金が経済的に使用できます。しかし見た目は銀色で、光の当たり方によっては目立つように黒ずみ、さらに錆びたり変色したりする可能性もあるのです。もちろん見た目が気にならない方には安くて良いものですし、必ず錆びたり変色したりするという訳ではありません。

 

それに対して、やはり審美的な部分を強く大切にされている方は、自由診療ではありますが良い素材を使う事をおすすめします。

 

見た目の良さは基本的にセラミック系が望ましく、ハイブレッドセラミックを使う「エステインレー」、あるいはキャスタブルセラミックを使う「エンプレスインレー」、これらが見栄えの良い詰め物として提案できます。自然で、ほとんど天然の歯と変わりない見た目です。また、変色しづらかったり、冷たいものが沁みづらかったりするほか、アレルギーの心配がなく詰め物も取れづらいです。

 

どの詰め物にするか迷う事は決して珍しくありません。もし希望する詰め物があれば、大阪府高石市にある当院にご相談下さい。

投稿者 医療法人秀元会 辻野歯科医院 | 記事URL

2017年5月11日 木曜日

ホワイトニングを受けたい時、大阪府高石市にある当院へ

歯をきれいにする場合は、歯を削ったり麻酔注射を使ったりするなどさまざまな方法で行われています。

しかし、歯を削ると、歯そのものの寿命に悪影響を与えてしまいますし、麻酔注射が必要なものはやはり心配になりやすいです。一方でホワイトニングは、歯を削る必要性はもちろん麻酔も不要なため、安心して歯の色をきれいに改善していけます。

ホワイトニングには、大きく分けて自宅で行うホームホワイトニングと、専門医が行うオフィスホワイトニングの二通りの方法がありますが、これらで得られるメリットは少し違います。どちらも歯をきれいにする意味では共通しているものの、効果が現れる速さ、そして後戻りのしづらさの違いがあるのです。

ホームホワイトニングは、効果が現れるのに少し時間がかかるものの、後戻りしづらいため長くきれいな歯を残しておきやすいです。それに対してオフィスホワイトニングは、短時間で歯をきれいにできますが、効果はどちらかと言えば短期的なものといえます。

一見するとホームホワイトニングの方が良さそうに思えますが、例えば結婚式やお見合い、その他急なイベントなどがあった場合は、すぐ歯をきれいにできるという点ではオフィスホワイトニングがおすすめです。

大阪府高石市にある当院ではホワイトニングに関するご相談を承ります。ご希望される方はぜひ、当院にご相談下さい。

投稿者 医療法人秀元会 辻野歯科医院 | 記事URL

2017年5月11日 木曜日

クラウン治療に関するご相談なら、大阪府高石市にある当院へ

初期の虫歯であれば必要になる事はあまり多くありませんが、ある程度進行した虫歯は、治療後にクラウンをつける必要性が出てきます。

 

クラウン治療は、残った歯を保護するために必要なもので、被せ物と言われるものを取り付けます。そして、材質にはいろいろな種類があり、ものによって特徴が異なっていきます。経済的な負担を抑えたいのであれば、銀歯やプラスチック製のものが、保険適応であるため負担を抑えられます。

 

しかし現在では、費用よりも見た目を重視される方が増えてきており、審美的な部分を考慮して、治療を受けられる方が多い傾向があります。

 

例えば、審美的に良いクラウン治療として有名なものでは、「オールセラミックス」があげられるでしょう。セラミックのみで作られ、透明感が高く天然の歯に近い見た目を再現できて、自然な口元を作り上げられます。また、金属アレルギーの心配がなく、冷たいものがしみづらいなど、実用的な部分にも注目です。

 

ほかにもAGCメタルボンドなどの素材も、目立ちづらいために人気です。こちらも光沢や透明感があり、美しい見た目を作り出せます。これら審美的に優れた素材は、どうしても保険適応外とはなってしまいますが、長く愛用するものなので見た目を気にされるのも一つの考え方です。

 

大阪府高石市にある当院ではクラウン治療に関するご相談を承ります。お悩みの方はぜひ、当院にご相談下さい。

投稿者 医療法人秀元会 辻野歯科医院 | 記事URL

2017年5月10日 水曜日

被せ物に白い素材を希望される方は大阪府高石市にある当院へ

比較的進行している大きめな虫歯を治療した場合は、削り取った後の歯を守るために冠のようなものをかぶせます。この冠を「被せ物」や「クラウン」と呼び、進行した虫歯の治療後には歯の保護に欠かせない治療です。

被せ物はどれも同じものではなく、歯にかぶせる冠の素材はご自身で選べます。

出費を抑えたい場合は保険適応のものを選ぶ方が良いですが、今は「白い素材」を選ぶ方も増えてきています。また白い素材でも、硬質レジン前装冠といったプラスチック製のものであれば、保険適応で治療が受けられます。ただし、時間が経過すると変色したり、磨耗しやすかったりする事と、天然の歯と並ぶと多少目立ってしまうという特徴があります。

保険適応でなくとも、自然な見た目を作り出したい事であれば、「AGCメタルボンド」や「オールセラミックス」、「スタンダードメタルボンド」などが見た目も美しくおすすめです。なるべく、見た目を悪くしたくないという事であれば、これらのような白い素材の中から選ばれる方が良いかと思います。

保険適応の素材と比べると、どうしても費用はかかってしまいますが、特に人前に出る事が多い方などは、見た目を重視するのも一つの選択肢です。大阪府高石市にある当院では、白い素材の被せ物を多く取り扱っています。ご検討中の方はぜひご相談下さい。

投稿者 医療法人秀元会 辻野歯科医院 | 記事URL

2017年4月21日 金曜日

持続性が高いホワイトニングは大阪府高石市にある当院へ

歯の色は、相手に与える印象を大きく変える要素の一つです。汚い色よりも、白く美しい歯の方が、好印象を与えられる事は間違いありません。
そこで、ご自身の歯の色をきれいに改善する方法として、ホワイトニングがおすすめです。

一口にホワイトニングといっても、診療室で行う「オフィスホワイトニング」と、自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。
どちらも歯の色をきれいにできる事には変わりありませんが、効果の持続性が高い「ホームホワイトニング」をおすすめします。

ホームホワイトニングは、歯や歯肉の診察を行った後、歯型の型を取り専用のトレイを作っていきます。使用する時は歯をきれいに磨いた後、専用のトレイに薬剤を流し込み、歯に密着させるようにつけます。トレイを4時間から6時間程度装着した後に外し、冷水とブラシでトレイを洗います。このようなやり方を長くて4週間ほど毎日繰り返していく結果、ホワイトニングの効果を得られるものです。オフィスホワイトニングに比べて持続性が高いため、白く美しい歯を長く持続させられます。長く効果を得たいと考えられる場合には、このようなホームホワイトニングをお利用されるのが良いでしょう。

大阪府高石市にある当院ではホワイトニングに関するご相談を承ります。ご希望される型はぜひ、当院にご相談下さい。

投稿者 医療法人秀元会 辻野歯科医院 | 記事URL

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセス


大きな地図で見る
〒 592-0003
大阪府高石市東羽衣5-14-16
※駐車場11台完備

最寄駅:羽衣駅

お問い合わせ 詳しくはこちら