ホーム > 被せ物

被せ物

被せ物

大きなむし歯を治療したとき、残った歯を保護するためにすっぽりと冠をかぶせます。この被せ物のことを、別名「クラウン」と呼びます。詰め物と同様、さまざまな材質がありますが、やはり見た目の美しさから、白い材質を選ぶ人が増えています。
ご不明な点がございましたら、高石の歯医者、辻野歯科までお気軽にご相談下さい。

>詰め物についてのページはこちらから
>動画での説明もございます。詳しくはこちらから

白い被せ物

 見た目メリットデメリット
硬質レジン前装冠
(プラスチック)
透明感がなく、天然の歯の間では、やや目立つ。保険適応。時間経過による変色や着色、表面のプラスチックの摩耗による金属面の露出がある。将来欠けたり、取れたりすることがある。精密な加工がしにくい材質のため、歯とのすき間ができやすい。
バジェットメタルボンド光沢・透明感があり非常にキレイ。天然の歯と同様の色に作ることができる。目立ちにくく、時間経過による変色がまったくない。歯垢(しこう)がつきにくい。摩耗がないため、よいかみ合わせを作ることができる。フレームにパラジウムを使用することで、コストをおさえられる。保険適応外。
体質により、歯茎が黒っぽく変化することがある。
バジェットポーセレ
マージンメタルボンド
バジェットメタルボンドよりも、さらに歯と歯ぐきの境目を自然な形に仕上げられる。目立ちにくく、時間経過による変色がまったくない。歯垢がつきにくい。摩耗がないため、よいかみ合わせを作ることができる。フレームにパラジウムを使用することで、コストをおさえられる。保険適応外。
体質により、歯茎が黒っぽく変化することがある。
スタンダードメタルボンド光沢・透明感があり非常にキレイ。天然の歯と同様の色に作ることができる。目立ちにくく、時間経過による変色がまったくない。歯垢がつきにくい。摩耗がないため、よいかみ合わせを作ることができる。体質に関わらず、歯茎が黒っぽく変化することがない。保険適応外。
スタンダードポーセレ
マージンメタルボンド
スタンダードメタルボンドよりも、さらに歯と歯ぐきの境目を自然な形に仕上げられる。目立ちにくく、時間経過による変色がまったくない。歯垢がつきにくい。摩耗がないため、よいかみ合わせを作ることができる。体質に関わらず、歯茎が黒っぽく変化することがない。保険適応外。
AGCメタルボンド光沢・透明感があり非常にキレイ。天然の歯と同様の色に作ることができる。目立ちにくく、時間経過による変色がまったくない。歯垢がつきにくい。摩耗がないため、よいかみ合わせを作ることができる。歯と歯ぐきの境目が非常に自然。体質に関わらず、歯茎が黒っぽく変化することがない。保険適応外。
オールセラミックスセラミックのみで作られているので、透明感が非常に高い。目立ちにくく、歯と歯ぐきの境目が非常に自然。冷たいものがしみにくく、歯と化学的に接着しているので取れにくい。金属アレルギーの心配がない。保険適応外。
硬質レジン前装冠
(ゴールド使用)
透明感のない白色なので、天然の歯の間ではやや目立つ。加工しやすく、歯との間にすき間ができにくい。保険適応外。
時間経過による変色や着色がある。

金属の被せ物

 見た目メリットデメリット
銀合金銀色で光の当たり具合では黒っぽく目立つ。保険適応。時間とともにさびて黒く変色する場合がある(銀の成分が多いため)。粘りの少ない材質であることから、精密な加工が難しい。また、歯との間にすき間ができやすく、むし歯、歯肉炎を起こす場合がある。
チタンクラウンチタンを使用。銀色。時間の経過によるさびや変色がない。生体緩和性が高く、また、粘りのある材質のため、歯肉との境目を密着させることが可能。歯との間にすき間ができにくく、新しいむし歯や歯肉炎を起こしにくい。保険適応外。
ゴールドクラウン金と白金の金合金を使用。銀色に比べ、口の中で目立ちにくい。「金」は、時間の経過によるさびや変色がしにくい安定性の高い金属。また、粘りのある材質のため、歯肉との境目をぴったりと合わせることが可能。歯との間にすき間ができにくく、新しいむし歯や歯肉炎を起こしにくい。保険適応外。
アクセス


大きな地図で見る
〒 592-0003
大阪府高石市東羽衣5-14-16
※駐車場11台完備

最寄駅:羽衣駅

お問い合わせ 詳しくはこちら